バードウォッチング:実践編

いざ、バードウォッチングを始めよう

準備が完了したら、双眼鏡を手にしてバードウォッチングに出てみましょう。
ただ、いきなりやってみようとしても、何から手を付けて良いのかわからないこともあります。

そうした時のために、バードウォッチングを実践するうえで役立つノウハウを伝授しましょう。
鳥の探し方や、どこに注目すればよいのかなどノウハウの他、記録のつけ方や、守るべきルールなどについて解説していきます。

バードウォッチングをする上でのルール

バードウォッチングをする上でのルール 出かける前に、守るべきルールを確認しましょう バードウォッチングは、野山や公園、海岸、川など、様々な所でできる活動です。どの場所で行う場合でも、安全やマナーのために守るべきルールが存在します。ウ…

>>このページに移動する

鳥を探すときのポイントは何?

鳥を探すときのポイントは何?鳥を見つけに出かけてみよう 準備が整ったら、いざバードウォッチングへと繰り出しましょう。しかし、最初の内は鳥を見つけることは難しいものです。そもそも、どこに行けば鳥がいるのかがわからないことがあり…

>>このページに移動する

鳥を観察するときのポイント:基本編

鳥を観察するときのポイント:基本編 種類を判別しよう 鳥を見つけることが出来たら、双眼鏡でじっくりと観察してみましょう。見れば見るほど、いろいろと面白いことに気付きます。では、どのようなところに注目するのかを説明しましょう。 鳥を…

>>このページに移動する

鳥を観察するときのポイント:応用編

鳥を観察するときのポイント:応用編様子をじっくりと観察しよう 鳥の種類を知るのは大切ですが、バードウォッチングは「観察する」活動です。種類がわからなくとも、じっくりと観察すれば、それだけで楽しくなってきます。鳥を見つけたら、まずは1…

>>このページに移動する

鳥を見た記録をつけよう

鳥を見た記録をつけよう 思い出をなくさないための記録のつけ方 バードウォッチングをしても、見ただけでの記憶は時間と共に消えていきます。楽しい思い出や感動を忘れないためにも、ウォッチに出かけるときには記録をつける習慣を…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP