エサ台を製作してみよう

エサ台の作り方

餌台 台

エサ台は、1.5mほどの高さの棒の上に、台を釘で打ち付けて作ります。
雪国では簡単な屋根を装着することがあり、さながら小型の家のようになります。
しかし、大工仕事をするのは大変で、土台を設置するのも手間がかかります。
そこで、もっと簡単に作れるエサ台を用意してみましょう。

お皿・かご

餌台 2

作り方は簡単で、目の細かいザルやカゴに紐をつけて吊るすだけです。
半分に切った竹筒や、小皿を使っても良いでしょう。
皿などを使う場合は、底に穴をあけて、水がたまらないように工夫しましょう。

ペットボトル

餌台 ペットボトル

こちらは小型の鳥専用のフィーダーになります。
鳥は足場に止まって、側面にあけられた穴からエサを取り出します。
材料は500mlのペットボトル1本、割りばし一膳、吊るすための紐を用意します。
道具はハサミと、キリのような穴をあける道具を使います。

まず、側面の底に近いに所に、交差するように四つの穴(足場用)をあけます。
空けた穴の3cmほど上のところに、一つずつエサの取り出し口をあけます。
この穴は小鳥がエサを取り出せるように、直径1cmかそれより少し大きくします。
底に水抜き用の穴をいくつかあけ、割りばしの足場を差し込めば完成です。

吊るすための場所は、猫に狙われないように注意しましょう。
スズメなどは中に入っているエサが気に入らないと、下に捨てることがあります。
1つのフィーダーに入れるのは1種類のエサにして、エサの種類を増やすときは複数のフィーダーを用意しましょう。

牛乳パック

餌台 牛乳パック

ペットボトルの物と基本は同じで、小鳥が止まり木に止まってエサを食べます。
材料は500mlの紙パック一つと、止まり木用の割りばし一膳です。
道具もハサミとキリを使います。

エサが落ちない程度に、下から2.5cmほどの高さを残して4面を切り抜きます。
側面の底に近い部分に穴をあけ、足場になる割りばしを挿せば完成です。
ペットボトルの物に比べ、果物などの大きなエサも入れることが出来ます。
軽いのでぶらぶらしてしまうときは、小石などを入れて安定させましょう。

日用品のリサイクル

これら以外にも、フィーダーに使える日用品はいろいろあります。
例えば、台所や風呂場で使う石鹸入れは良いフィーダーになります。
壁などに止めやすく、底には最初から水抜き穴が空いています。
取っ手付きのわら編みかごや、要らなくなった麦わら帽子なども使えます。

エサは何を置けばいい?

フィーダーに置くエサは、多くの場合穀物と果実が選ばれます。
穀物はパンくずやお米、アワ、ヒエなどが代表的です。
それ以外にも、カボチャの種やヒマワリの種、ナッツ類なども鳥は大好きです。
ナッツ類はそのままだと食べられないので、小さめに砕いてあげましょう。

果実はメジロやヒヨドリ、ムクドリなどが好きな食べ物です。
秋ならカキやリンゴ、冬ならミカンが良いエサになります。
少し小さめに切って、エサ台においてやりましょう。
果実ジュースも人気で、小さな浅い皿に入っていると、喜んでやって来ます。

手っ取り早く、鳥用のエサを用意しても構いません。
シジュウカラやウグイス、コゲラなどは、牛の脂身も大好きです。
カラスなどに取られないように、塊のまま針金で縛って固定しておきましょう。
虫が平気なら、ペットショップで売られているミールワームもあげてみましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP