もっとバードウォッチングを楽しむための方法

鳥を呼び、鳥に会いに行く

バードウォッチングに慣れて来ると、少し違ったことをしてみたくなります。
見て記録するだけでなく、もっと鳥と関わりたい。
そうした気持ちを抱いた時にお勧めするのが、鳥を身近に呼ぶことと、全く知らない鳥に会いに行くことです。

普段のバードウォッチングと並行しつつ、さながら拡張版のように楽しむことが出来るでしょう。

自分の家の庭に鳥を招待しよう

自分の家の庭に鳥を招待しよう エサ台(フィーダー)を設置して鳥をもてなそう バードウォッチングが盛んな欧米では、庭にエサ台(フィーダー)を設置して鳥を呼ぶことが良く行われています。目の前に鳥が来てくれると、観察しやすく、な…

>>このページに移動する

エサ台を製作してみよう

エサ台を製作してみよう エサ台の作り方 エサ台は、1.5mほどの高さの棒の上に、台を釘で打ち付けて作ります。雪国では簡単な屋根を装着することがあり、さながら小型の家のようになります。しかし、大工仕事をするのは大変で、土台…

>>このページに移動する

鳥を見に遠くへ行こう:バードウォッチング旅行の勧め

鳥を見に遠くへ行こう:バードウォッチング旅行の勧め 遠くに行けば、違う鳥に出会える。 バードウォッチングの基本は身近な場所ですが、遠出するのも良いものです。違う地域へと出かければ、出会うことが出来る鳥の種類ががらりと変わります。旅行自体も楽しい物…

>>このページに移動する

日本全国ネイチャーセンターガイド

日本全国ネイチャーセンターガイド 有名な探鳥地のセンターを紹介 日本は鳥が豊富な環境なので、北は北海道の羅臼、南は沖縄の八重山まで、各地にバードウォッチングの施設が存在しています。それらの施設の中で、代表的な物をいくつか紹介しま…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP