鳥の生態について詳しく知ろう

鳥が「生きる」ことに関する用語

鳥の最大の特徴は「空を飛ぶ」ということです。
陸上の動物ではできないほど広い範囲を動き回り、遠い場所へと移動できます。
飛ぶことに関する言葉だけでなく、鳥独自の行動を示す言葉もたくさんあります。
移動や成長、求愛など、鳥の生態に関する用語を見て行きましょう。

鳥の移動に関する用語

渡り鳥地図

留鳥(りゅうちょう)
一年中同じ地域にとどまっているタイプの鳥です。
カラスやハト、スズメ、ムクドリなど、一年中いつでも見る鳥が当てはまります。
北海道や東北など冬が厳しい場所では、留鳥でも本州南部に移動して冬を過ごすことがあります。

渡り
鳥が季節に応じて住む場所を変えるために、長い距離を移動する習性です。
距離は種類ごとに異なり、同じ国の中で渡る種類、海を越える種類などがいます。
ハシボソミズナギドリやキョクアジサシは、北極と南極の間を渡る鳥として知られています。

夏鳥(なつどり)
夏の間に日本に渡ってくる鳥です。
冬は東南アジアなど温かい地域で過ごし、夏は過ごしやすい日本で繁殖します。
ツバメが代表的な夏鳥で、他にはオオルリ、キビタキ、サシバなどが知られています。

冬鳥(ふゆどり)
夏はシベリアや中国北東部などの涼しい地域で繁殖し、冬を越す(越冬)ために日本にやってくる鳥です。
ハクチョウやオオワシが有名な冬鳥で、身近な鳥にはツグミ、ジョウビタキ、カモの仲間がいます。

旅鳥(たびどり)
渡りの最中に日本を通過する鳥です。
ロシアや中国北部で夏を過ごし、東南アジアなどで冬を過ごします。
日本は渡りの中継・休憩地点で、春と秋に立ち寄ります。
主にシギやチドリなど、干潟に住む鳥では旅鳥が多くいます。

漂鳥(ひょうちょう)
渡り鳥ですが、それほど長い距離を移動しない鳥です。
同じ国の中で、夏は涼しい高山、冬は暖かい低地で過ごします。
同じ種類でも、地域ごとに留鳥であったり漂鳥であったりするので、一概には言えないところがあります。

迷鳥(めいちょう)
本来は日本には来ないはずが、間違えて日本にたどり着いてしまった鳥です。
群れからはぐれたり、台風で流されてしまったりすることが原因になります。
他の種類の渡り鳥と混じって日本から出て行ったり、一季節を過ごして帰って行ったりします。

日本ではめったに見ることが出来ない珍しい鳥が多く、迷鳥が観測された場所には多くのバードウォッチャーが集まります。

鳥の飛び方に関する用語

 用語 飛翔

直線飛行
飛んでいる間にずっと羽ばたいてまっすぐ飛ぶ飛び方です。
ツルやサギのような大型の鳥から、スズメやエナガのような小鳥など、多くの鳥が直線飛行をします。
大きな鳥の場合は、時折翼を動かさずに滑空して羽を休めます。

波状飛行(バウンディングフライト)
小型の鳥に多い飛び方で、「短く羽ばたいて上昇⇒“翼を畳んで”少し滑空」を繰り返して飛びます。
直線飛行に比べるとエネルギー消費が少なく、楽に飛ぶことが出来ます。
ヒヨドリやセキレイ、キツツキの仲間が波状飛行をする代表的な鳥です。

滑翔(グライディング)
翼を広げ、羽ばたかないまま空気に乗る飛び方です。
波状飛行が翼を畳んで滑空するのと異なり、翼は大きく広げて風をつかみます。
タカの仲間は羽ばたきでの飛行は数十秒しかできないので、飛ぶときは滑翔を良く利用します。

帆翔(ソアリング)
滑翔と同じように翼を動かさず、上昇気流を利用して飛ぶ方法です。
エネルギーをほとんど使わないまま、長時間・長距離を飛ぶことが出来ます。
トビやアホウドリが良く行う飛び方で、アホウドリはほとんど羽ばたかずに1万5千kmもの距離を移動します。

滞空飛行(ホバリング)
移動せずに空中の一点で停止する飛び方です。
翼を高速で動かし続けないといけないので、大量のエネルギーを消費します。
ハチドリやカワセミ、アナホリフクロウなどの小型の鳥が行います。
時には、ミサゴのような大型の鳥が短時間だけすることもあります。

鳥の生活に関する用語

警戒心
バードウォッチングをする上で、鳥の警戒心は重要なものです。
シジュウカラは人間はあまり警戒しませんが、タカには大騒ぎして逃げ出します。
逆にガンは100m以内に人間が来れば警戒し始め、すぐに逃げ出す準備をします。

どんな鳥でも、自分に向かってまっすぐ近づいてくる物を強く警戒します。
接近してみたい場合は、大きく回り込むようにして、少しずつ近づきましょう。

縄張り
鳥や動物が、餌やパートナーを取る優先権を主張する範囲のことです。
さえずりで縄張りのアピールをし、他の鳥が侵入してくると争って追い払います。
繁殖期に夫婦で縄張りを作って守ることも多く、季節によって範囲が拡大することもあります。

巣立ち
雛や幼鳥が巣から出ることですが、すぐに親から独立するわけではありません。
ツバメやフクロウは、しばらくは巣に近い場所にとどまって、親からエサをもらいます。
カモなどは、歩けるようになるとすぐに巣立って、親と一緒に生活します。

求愛給餌
オスがメスにエサをプレゼントする求愛の一種です。
メスが受け取ってくれるとカップル成立ですが、受け取られずにフラれてしまうこともあります。

モビング
大型の敵に対して、同じ種類の鳥が集団で騒いで追い払う行動です。
実際に攻撃することはあまりありませんが、攻撃を仕掛けるようなそぶりをしたり、付きまとって嫌がらせをしたりします。
カラスやタカの仲間が、モビングを受ける鳥の代表例です。

コロニー
多数の鳥が巣を作って集まる場所のことを指します。
サギやカワウ、ユリカモメの仲間がコロニーを作ることが良く知られています。
騒音やフンの被害が問題になって、駆除されることもあります。
逆に貴重な鳥の場合は、天然記念物として保護されることもあります。

フィールドサイン
鳥がそこで生息している証拠となる物を指します。
フン、足跡、羽などが代表的なもので、鳥の種類を見分けることも可能です。
古巣、ペリット(吐き出された未消化物の塊)などもフィールドサインです。

ペリット
鳥が胃で消化できなかったものを、固めて吐き出した塊のことです。
骨や毛、羽根、昆虫の殻、植物の種などがペリットに含まれています。
フンよりも完全な形で残るので、食べられた物が判別しやすくなっています。

食痕
猛禽類が獲物を襲った現場に残るフィールドサインです。
ワシやタカの仲間は鳥を捕まえて殺すと、その場で羽をむしって下処理をします。
林や森の地面で、大量の鳥の羽が一か所に散らばっているのは、タカ類が獲物をしとめた証拠です。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP