山野の鳥 その3

スズメ(雀)

スズメ

スズメ目ハタオドリ科
体長:14cm
見られる時期:1年中
見られる場所:人の家の周囲、田畑、公園、河川

日本全国で最も頻繁に目にする野鳥の一つ。
頭が茶色で、頬と喉が黒いのが特徴。
主に草の実を食べるが、春には桜の蜜を吸い、繁殖期には昆虫を食べる。
人間に寄り添って生きる鳥で、農村から人がいなくなるとスズメも姿を消す。

エナガ(柄長)

エナガ 2

スズメ目エナガ科
体長:14cm(体はスズメより小さい)
見られる時期:1年中
見られる場所:市街地、公園、雑木林

尾羽の長さが7~8cmあり、体はスズメよりもかなり小さい。
木の多い場所が好きで、一本の木に多数が群がり、せわしなく動き回っている。
夜には街の街路樹にも集まり、やかましく鳴いてフンを落とすので問題視される。
食べ物はアブラムシを好むが、草の種、木の実、樹液なども口にする。

ホオジロ(頬白)

ホッピング

スズメ目ホオジロ科
体長:17cm(スズメと同じぐらいの体格だが、尾羽が長い)
見られる時期:1年中
見られる場所:市街地、河川、田畑、湖沼

顔の模様は、オスははっきりした黒だが、メスは色が薄く茶色っぽいのが違い。
地上や低い木の枝、丈の高い草むらが好みで、高い木の梢にはほとんど行かない。
春から夏にかけては昆虫をよく食べ、秋から冬は植物の種子をよく食べる。
鳴き声は特徴的で「一筆啓上仕り候」など、面白い例え方がされる。

アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)

アオジ (2)

スズメ目ホオジロ科
体長:15cm
見られる時期:1年中(平地では冬)
見られる場所:河川、雑木林、市街地、公園、湖沼

ホオジロの仲間で、全身が緑みのかかった黄色をしている。
夏は高原などで過ごし、冬になると平地の市街地や公園にやってくる。
警戒心が強く、藪の中などに身を潜める。
食べ物は植物の種子や虫で、地上に降りて食べる。

カワラヒワ(河原鶸)

カワラヒワ (2)

スズメ目アトリ科
体長:14cm(スズメと同じぐらいだが、やや細身で小さい)
見られる時期:1年中
見られる場所:市街地、公園、田畑、雑木林、河川

植物質のエサが主食で、くちばしは種子を割って食べるのに適した形をしている。
夏にはひまわりの種を食べにくることがある。
秋になると群れを作り、オスが集団になってメスへのアピールを始める。
「ピロロ、ピロロ」と鳴き、さえずりは「チョンチョン・ジューン」と聞こえる。

シメ

シメ

スズメ目アトリ科
体長:19cm(スズメより大きい)
見られる時期:1年中(北海道:夏。本州以南:冬)
見られる場所:雑木林、公園、田畑

先端が青い羽と、目の周りの黒い縁取り、太短いくちばしが特徴。
夏には北海道や本州北部で繁殖し、寒くなると越冬のために南へと移動する。
カエデやムクノキなどの硬い木の実がエサで、果肉はどけて、種子だけをくちばしで割って食べる。

ウソ(鷽)

ウソ

スズメ目アトリ科
体長:16cm(スズメより少し大きい)
見られる時期:1年中(本州中部以北:夏 九州以北:冬)
見られる場所:公園、雑木林

黒い頭が特徴で、オスは体が灰色で頬が赤、メスは茶色で翼の先が青い。
夏は本州中部以北の山地で繁殖し、冬になると低地に降りてきて越冬する。
夏には虫、秋や冬には木の実、春には木の芽やつぼみ、花を食べる。
鳴き声は口笛に似ており、名前も口笛を意味する古い言葉の「うそ」に由来する。

アトリ(花鶏)

アトリ

スズメ目アトリ科
体長:16cm(スズメより少し大きい)
見られる時期:秋から春先
見られる場所:公園、森林、田畑

10月ごろになるとシベリア方面からやってくる渡り鳥。
日本では大きな群れを作り、田畑などに降りて草の種や虫を食べる。
人が近づくと一斉に舞い上がり、弧を描いて一斉に戻ってくる。
オスはメスに比べると頭が黒く、胸の色が濃い。

イカル(鵤)

イカル (2)

スズメ目アトリ科
体長23cm(ムクドリぐらい)
見られる時期:1年中(北日本では冬以外)
見られる場所:公園、雑木林

木の上にいることが多いが、冬になると地上にも降りてエサを探すようになる。
特徴である大きな黄色のくちばしは、硬い種子を割るのに使われる。
木の実をくちばしで回したり転がしたりするので「マメマワシ」とも呼ばれる。
夏頃はつがいで暮らしているが、冬になると十数羽の群れを作るようになる。

ハッカチョウ(八哥鳥)

ハッカチョウ

スズメ目ムクドリ科
体長:26㎝
見られる時期:1年中
見られる場所:公園、田畑

日本在来種ではなく、中国南部、台湾、東南アジアを原産とする外来種。
様々な声を出して物まねをするので、原産国ではペットとして飼われる。
日本では近畿地方を中心として定着が確認されている。
ムクドリの様に群れを作り、水田や田にいる昆虫や貝などを食べる。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP