バードウォッチングの必需品:双眼鏡について

何故、バードウォッチングには双眼鏡が必要なのか?

IMGP3585

双眼鏡はバードウォッチングの必需品です。
ある意味では、自分の双眼鏡を手にして外に出かけたときが、バードウォッチャーとしての第一歩といっていいかもしれません。

一応は双眼鏡がなくとも、肉眼で野鳥を観察することは出来ます。
しかし、鳥をよく見ようとして近づくと逃げられますし、木の上や草原の真ん中などにいて近づくこともできないのが普通です。
自然の中にいる鳥を発見して観察するのは、双眼鏡があればこそ可能になります。

望遠鏡にはレンズが一個の単眼鏡もありますが、バードウォッチングの場合は双眼鏡がお勧めです。
視界が広くて鳥を見つけやすく、両目で見るので遠近感が得られるからです。
また、長時間使っていても目が疲れにくいというメリットもあります。

双眼鏡の選び方 その1:倍率と対物レンズの口径

双眼鏡の選び方 その1:倍率と対物レンズの口径 双眼鏡を選ぶにはどこを見ればよいか? 双眼鏡を選ぶといっても、どのようなものがよいのかは迷ってしまうでしょう。そこで基準となるのが、「倍率」と「対物レンズの口径」です。 双眼鏡のカタログなどを…

>>このページに移動する

双眼鏡の選び方 その2:重さ・価格など

双眼鏡の選び方 その2:重さ・価格など 倍率・対物レンズ口径以外の重要ポイント 双眼鏡を選ぶうえで、対物レンズ口径と倍率は重要な判断ポイントです。しかし、それ以外にも選ぶためのポイントがいくつかあります。 アイリーフ:眼鏡をかける人は…

>>このページに移動する

双眼鏡の選び方 その3:メーカーについて

双眼鏡の選び方 その3:メーカーについて 双眼鏡はどの会社で作られているのか? 双眼鏡を選ぶ際には、メーカーのカタログを見るのがおすすめです。1社で50種類以上の双眼鏡が載っていることもあるので、店舗で見るよりも多くの製品を検討することがで…

>>このページに移動する

双眼鏡の調整と使い方のコツ

双眼鏡の調整と使い方のコツ 双眼鏡を手に入れたらやるべきことは? 双眼鏡を手にしたら、使う前に自分に合うように調整をしましょう。買ったばかり状態でも使えますが、自分に合わせて調整をしてやらないと、十分な性能を発揮することが…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP